爪水虫の症状やおすすめの薬やみんなの治療方法についての口コミを紹介します。

%e7%94%b7%e5%ad%90%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b35男性 34歳 事務職「通気性のいい靴を履く」

q1どの爪が爪水虫になりましたか?

a1左足の親指

q1どのような症状でしたか?

a1爪の周辺がグチュグチュふやけたような状態で、深爪をしていたがなかなか治らない状態が続いた。

q1おすすめのケア商品や改善方法はありますか?

a1市販のもので構わないので、一般的な消毒液(傷薬)と軟膏を使う。少しゆるい、通気性のいい靴を履く。

q1爪水虫を改善した方法、または改善していないのであれば、その理由を教えてください。

a1結論から言えば、爪水虫は、病院にかかるよりもいいほうで改善する。

それは、まめに消毒し、よく乾燥させ、軟膏等の薬を塗り、また乾かし、通気性のいい靴を履くこと。

最初にお断りしておくが、医師による治療では治りにくいと思う。

深爪による傷の治りが遅いので、皮膚科を受診。水虫菌があることが判明した。原因は、深爪による傷があるにも拘らず、スパー銭湯に行き、据え置きのぬれたマットで足を拭いたことによる感染の疑いがもっとも高いとのことだった。

現在もそうだが、感染を避ける為、銭湯や温泉の脱衣所及び浴場の出入り口にある足拭きマット、水きりマットはなるべく踏まないようにしている。

皮膚科での治療は、赤外線治療ともっぱら軟膏を塗りたくること、これまでかというくらい軟膏を塗りラップで患部付近をくるまれた。

赤外線治療のため、週に1度程度1月程度通ったが、全く効果がなかった。医師から処方された軟膏もきれ、病院に行く時間もなく、仕方がないので市販の軟膏を買った。

自宅に居る時は、消毒をしては自然乾燥をし、軟膏を塗り、また乾かした。外出時仕事時は、なるべく足をさらすか、少し大きめの靴を履き脱げる時は脱いでいた。

とにかく「よく乾かした」ことで、1ヶ月程度で関知するに至った。