水素水 効果なし セブンウォーター

水素水 効果なし セブンウォーター

hatena

 

水素水は健康や美容に良いとテレビや新聞で報道されている反面、ネット情報(特にツイッター)などでは水素水は効果なしって凄く騒がれています。

 

なぜ、テレビや新聞では水素水の効果が話されているのにも関わらず、ネットでの情報だと水素水は効果なしと言われているのでしょうか。

 

本当に水素水は効果なしなのでしょうか?

 

水素水の効果とは、水素が体内にダメージを与えている活性酸素を還元して無害な水にしてくれることにあります。

 

この作用により、いままで活性酸素のダメージを受けていた身体が、ダメージを受けずに回復していくことにより、それが顔だったらシミやシワに関係したり、足だったら痛みなどが回復していったりと様々なのです。

 

なので、極論を言ってしまうと、すごく健康で活性酸素のダメージを身体でうけていない場合は水素水の効果を体感することはできないかもしれません。

 

でも水素水を継続して飲むことにより、今後活性酸素によりダメージを受けていたであろうことを回避することができるので良いと思います。でも水素水の効果を体感できる訳ではないので一度も効果を体感していない場合は、継続するのは難しいかもしれませんね。気持ち的に。

 

こういった水素水の効果を感じやすい水素水の選び方について、私は日本医科大学の太田教授の書籍「水素水とサビない身体」を読んで学びました。

 

まず水素水を選ぶポイントとしては0.8ppm以上の水素水を選ぶこと。

 

そして、水素濃度は濃い方が良いってことはふつうとも記載されていたので、私は高濃度な水素水を選びました。

 

今回紹介しているのは水素水業界で一番高濃度な水素水、セブンウォーターです。

 

従来のアルミパウチ水素水の水素濃度が0.8ppm〜3.0ppmぐらい中、セブンウォーター水素水は5.0ppm〜7.0ppmの高濃度水素水なのです。

 

そして従来のアルミパウチ水素水の場合は、水素が宇宙で一番小さい分子ってこともあり、時間の経過と共に水素が抜けていってしまいます。

 

購入時に0.8ppm〜3.0ppmぐらいの水素が充填されていたとしても、これ以上増えることはありませんし、時間が経てば抜けていってしまいます。

 

なのでアルミパウチ水素水によっては受注生産を行っている会社も少なくありません。

 

しかし、セブンウォーター水素水の場合は、飲む前自分で水素水を作ることができる水素水スターターセットでの販売なのです。

 

つまり飲む前に作るので水素が抜けてしっまう恐れがないってことです。

 

その上、本当に水素がちゃんと入っているのか確認するために溶存水素濃度判定試薬もついてくるので自分で水素濃度を測定することもできます。

 

こういったいわば保障がついている状態で、業界NO1高濃度であることがセブンウォーターを選ぶメリットの一つです。

 

他にセブンウォーターについてのメリットやデメリットはたくさんありますので、セブンウォーターについてと、水素水の効果あり、効果なしについて色々とお話していきたいと思います。